連載 セルフタッチング入門 第5回 皮膚に残る“原初の記憶”とは

| 中川れい子

 人に触れられたときに感じる、やわらかで、あたたかで、包まれるような感覚は、実は子宮の中での体験が一番の始まりだった!?

 今回は「タッチケアの心地よさは、どこから始まるの?」という、“原初の記憶”についてです。この記憶をたどる中からわかる、タッチの根源的な必要性についてまとめました。

Image: iStock

わたしに触れる、コロナ時代のタッチケア

セルフタッチング入門

 

第5回 皮膚に残る“原初の記憶”とは

中川れい子

 

発生学から見る、“最初のタッチ”はいつから?

わたしたちの皮膚はいつから、「触れられる」という体験をもつのでしょうか?
それは、実は子宮の中から始まっています。今回は“子宮を巡るタッチの旅”からお話をはじめましょう。

まず、赤ちゃんが産まれるまでの経過を、ひも解いてみましょう(高校の生物のおさらいとして。難しいと思ったら、読み飛ばしていただいても大丈夫ですよ!)。

ヒトは、精子と卵子が出会うことで「受精卵」になります。この受精卵は子宮壁に着床したあと、細胞分裂を繰り返しながら、外胚葉・内胚葉・中胚葉という3つのパートに分かれ、そこからさまざまな体の器官が発達していきます。
このうち外胚葉からは、脳や神経、そして皮膚ができます。このように、皮膚、脳、神経は同じ起源をもっていることから、「皮膚は露出した脳」と呼ばれることもあります。

さらに、脳(中枢神経系)が発達するにつれ、だいたい妊娠32週目までには全身の皮膚感覚が働きはじめ、聴覚も発達して、お母さんの声などを判別できるようになってきます。

Image: iStock

子宮の中で胎児は、へその緒で胎盤とつながり、あたたかくやわらかな羊膜や羊水に包まれ、母体から栄養や酸素を受け取って育ちます。胎盤には、絨毛膜(じゅうもうまく)という、フサフサとしたやわらかな草原のような層があり、胎児の皮膚の一部としてとらえる考え方もあります。

この子宮内のあたたかくてぬるぬるとした触感は、心地よく安心感があり、すべてが包み込まれるような、完全に守られた空間でもあるのでしょう。

こうして胎児は、子宮を通じて「母(胎盤を通じた外部)」と、「自分自身(絨毛膜や羊水で満たされた内部)」の両方に、全身をすっぽり包まれるようにして成長します。お母さんの呼吸、心拍、声などの様々なリズムが重なりあい、まるで波のような振動(ゆらぎ、バイブレーション)が伝わってくるのを想像してみてください。こうした絶え間ない微細な刺激は、胎児の心身の発達をも促します。

もちろん、このことを覚えている人はいないでしょう。自他の区別が未分化で、「わたし」という意識が産まれるはるか以前のことですから。

でも私は、子宮の中の胎児の状態を想像すると、胎児の皮膚がまるで子宮の中で全身のオイルトリートメントを受けているかのようなイメージが膨らむのです。わたしたちは知らないうちに、子宮の中からすでに「触れられる」ことを経験しています。そしてこの時に受け取った心地よさこそが、皮膚にとっての「原初の記憶」なのかもしれません。

 

皮膚感覚とは、胎児にとって“世界そのもの”

「出生前・周産期心理学協会(Association for Pre- & Perinatal Psychology and Health;APPPAH)」の創設者であり、『胎児は見ている―最新医学が証した神秘の胎内生活』(祥伝社)などの著書で知られる医学博士、トマス・バーニー(Thomas R. Verny, M.D.)は、自身の著書にこう書き記しています。

妊娠後期における胎児に感覚や知覚があることは、どんなに疑い深い人にももう疑う余地はないだろう。しかし、細胞生物学での研究によれば、ある種の意識、すなわちまわりの世界に対する原初的な意識は、胎児期のもっとも早い時期からすでに存在している。

『胎児は知っている母親のこころ—子どもにトラウマを与えない妊娠期・出産・子育ての科学』(日高 陵好 (監訳)ほか、日本教文社)より

子宮の中で胎児を取り巻く環境—すっぽりと包まれる皮膚の感覚は、胎児にとって“世界そのもの”だったことでしょう。胎児は誕生のはじまりから、お母さんが食べるもの、からだの動き、そして感情からも影響を受けるとされていますが、「わたし」「お母さん」という自他の区別すらない頃ですから、胎児にとって子宮の世界とは、お母さんというよりはむしろ、誰でもなく透明な“大いなる存在”との一体感そのものだったのかもしれません。

わたしたちの皮膚には、このような“原初の記憶”が、大人になっても残っているのでは? と想像してみると、米国のカウンセラーで「わたしにふれてください(※1)」という素晴らしい詩で知られる、フィリス・K・デイヴィスの言葉が思い出されるのです。
(※1) 『わたしにふれてください』(葉祥明(絵)、三砂ちづる(訳)、大和出版)

愛とともにふれあうとき、わたしたちは、自分を超えた大きな存在にふれています。
わたしたちが、ほんとうに完全な存在なのは、その大きな存在にふれているときだけです。
『パワー・オブ・タッチ』(三砂ちづる(訳)、メディカ出版)より

ところで、わたしが代表をつとめるNPO法人「タッチケア支援センター」で以前、海外から講師をお招きして「周産期心理学(※2)」の入門ワークショップを京都で開催したことがあります。
(※2) 周産期心理学:胎児や新生児には感覚・意識・記憶があり、成長後も周産期の頃の体験を無意識下で記憶しており、生涯を通じてそれが行動や反応の基礎となることに基づいた心理学。「周産期」とは、誕生前の胎児期と、誕生、そして誕生のプロセスをあらわす(ICD-10では、妊娠22週から出生後7日未満ともされる)。

その時わたしたちは、ワークショップの空間そのものを、講師のガイドによって、これまでにないほどに安全な場として慎重に作り上げていきました。薄暗い光、人と人との距離のとりかた、見守る視線への配慮、人の出入りの慎重さ……こうした安心安全な場づくりは、これから生まれ出づる赤ちゃんの誕生をささえる、いわば”無条件の愛”としての、子宮の空間を再現する試みだったように思います。

もしもこうした空間で、自分らしいペースや呼吸を取り戻し、自分に帰ることができたなら……わたしたちの皮膚に宿る“原初の記憶”や、大いなるものとのつながりを、再び思い出せるかもしれません。

 

触れられないで育つと、人はどうなるの?

では反対に「触れられる」体験がないと、人はいったいどうなってしまうのでしょうか。

13世紀の神聖ローマ帝国皇帝「フリードリッヒ2世」による、ある人体実験のエピソードを紹介しましょう。彼は50人の孤児の赤ちゃんを、50人の乳母によって育てさせました。その時彼は、こう命じたといいます。

「乳を与え、おむつを換え、お風呂に入れ、寝かせて育てよ。ただしひと言でも話しかけること、さらに抱きあげたり可愛がったりすることは、禁じる」と。

彼は、赤ちゃんがどのように言葉を話し始めるかを確かめたかったそうです。ですがその結果を得ることは、できませんでした。赤ちゃんたちは全員、1年以内に亡くなってしまったからです。

この赤ちゃんたちには、栄養、睡眠、そして衛生面でのケア(中世ではなかなか得がたいことだったでしょう)は、与えられて育ちました。しかし話しかけられる、ほほ笑みかけられる、そして抱っこして可愛がられるという、人としての関わりは奪われてしまったのです。少なくとも心身の発達は疎外され、免疫力は著しく下がり、結果として生命を維持できなくなってしまったのでしょう。

今の時代では考えられない、悲しく残酷なお話ですが、このエピソードから、わたしたちは愛情をもって抱きしめられ、ほほ笑みかけられ、そして話しかけられることが、いかに大切なのかが、おわかりになるかと思います。

そして、同時にこうも考えられるのではないでしょうか。記憶のはるか彼方かもしれませんが、わたしたちが今こうやって“生きている”のは、乳幼児の時に誰かに抱っこされ、ほほ笑み、語りかけられ、育てられてきたことを、必ず体験しているはずであると(そうでないと、人は生き延びられないので)。

触れられるのが苦手な人も、皮膚の記憶のどこかには、こうした“原初の感覚”が残っているのかもしれません。

そしてタッチケアは、生老病死をはじめ人生のいかなる時にも、大切な癒やしになり得ますが、特に乳幼児にとって「皮膚に触れる」ことは、生命の根源に触れるのと同じことであり、心身の成長や発達にとって不可欠なものだといえるでしょう。

Image: iStock

 

 

ベビーマッサージが教えてくれること

この10年ほどの間に、「ベビーマッサージ」が日本でもかなり普及してきたことは、とてもうれしいことです。お母さんが赤ちゃんの全身をやさしくマッサージすることで、母子の絆が深まるとともに、心地よい感覚が乳幼児の皮膚感覚にさまざまな良い影響(そのなかの一つが「基本的信頼感」の深まりですが、後で述べます)を与えてくれます。

多くの場合、ベビーマッサージは、赤ちゃんの全身をオイルで包むように、つなげるようにストロークし、赤ちゃんの顔を見ながら、目と目、表情と表情を合わせながら、やさしいタッチで心地よく触れていきます。

わたしはベビーマッサージの専門家ではありませんが、自分自身のタッチを探究する学びの一環として、ベビーマッサージを何度か学んだことがあります。
講座では赤ちゃんの人形をモデルにして、お母さんが赤ちゃんに優しくふれることをどう伝えるか、を学びます。

赤ちゃんのからだはとても小さいので、オイルマッサージでは、全身をまるごとすっぽりと、つなげるように触れていくことになります。それはどこか、わたしがずっと施術を続けてきたエサレン®ボディワークの、からだの端から端までをつなげる、全身のロングストロークを連想させるものでした。

まるごと、そのまま
すっぽりと、全身が包まれるように。

子宮の中ですっぽりと全身が包まれ、お母さんの呼吸や心拍、声や動作など、さまざまな微細なバイブレーションが全身に届けられること。それは、全身のオイルマッサージを受けているのと、どこか似ています。

そして産まれたばかりの赤ちゃんの場合、それまで羊水の中で上下の感覚もなく浮かんでいたので、まだ自分自身のからだに“上半身”や“下半身”という意識はもてていません。産まれたのち、重力とのかかわりを身に着け、からだを扱うバランス感覚を培っていきます。

さらに成長するにつれ、衣類によって身体の隠すべきところ/隠さなくていいところがあることを学び、社会的に適応する中でからだの在り様や振るまい方などを学び(男性的/女性的身振りの習得も含まれると思います)、こうして産まれたままの状態から徐々に離れていき、気が付くと、本来はひとつであったはずの自分自身のからだが、頭、腕、脚と、パーツごとに分離しているかのような感覚に陥りがちです。

こころもまた、からだと連動していますから、からだ全体のつながりがバラバラになることで、本来ひとつの「いのちそのもの」として産まれ落ちたはずのわたしたちが、いつのまにか全体性(wholeness)を喪ってしまうことがある……。人間とは、本来のからだが、まるごと一つであることを忘れがちな生きもので、さまざまな心身の不調や苦しみは、こうしたところにも原因があるのかもしれません。自分自身を癒やすとは、自らの全体性を取り戻すことでもあるのですが、まずは、からだ全体のつながりを思い出すことから始めてみることも、とても大切だと思います。

この記事の最後に「からだ全体をつなぐ」セルフタッチングの簡単なワークを紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

赤ちゃんの皮膚感覚を通じて育まれる「基本的信頼感」

犬や猫は産まれて1カ月もすれば走り回ることができ、馬は産み落とされたその日のうちに立ち上がることができるといいます。早く自立して動き回れないと、敵に狙われてしまうからです。

それに対して人の赤ちゃんは、いわば早産のような形で誕生します。なぜなら、進化の過程で二足歩行を選択したことで骨盤が狭く、反対に発達した脳をもつため、頭部の大きさの成長がとても速いからです。

ですので、産道を通過できるぐらいの頭の大きさの時期、つまり未成熟な時期に陣痛がおこり、胎児はこの世に産み落とされます。

未成熟の状態で生まれた人の赤ちゃんは、生まれてからもしばらくの間は、お母さんの子宮の中にいるような状態を作ってあげなければいけません。新生児の赤ちゃんをふんわりと両腕で、包むように抱っこしてあげると、赤ちゃんが安心して眠りにつけるのは、子宮の中の状態をからだが覚えているからでしょう。

このように赤ちゃんは、誕生してからも「抱きしめられる」感覚と共に成長していきます。この時、赤ちゃんは皮膚感覚を通じて、お母さん(養育者)との間で「基本的信頼感」を育んでいくといいます。

「基本的信頼感」とは、心理学者のE.H.エリクソン(1902〜1994)がその著書『幼児期と社会』(みすず書房)の中で語った言葉です。子供が、お母さん(養育者)との間に、強い情緒的な「絆」を形成する中で育まれる感覚、つまり「自分が他者から愛され、大切にされているという感覚」のことを指します。

「この世界は安心できる場所であり、人は自分の助けとなってくれるもの」という信頼関係が育まれることで、社会との関係性や自己への信頼が醸成されると言われています。

養育者の腕の中は、乳幼児にとって大切な「安全基地」となります。この基盤となる感覚のもと、「愛着関係」が形成されていきます。

愛着関係がスムーズに形成されるのに必要なのは、十分なスキンシップ。そして、養育者が子供の要求を感じ取れる感受性をもち、それに速やかに応じる「応答性」と、それがある期間続く「持続性」をもつことが、大切だと言われています。

もし愛着関係が何らかの問題で疎外された場合、身体の成長や情緒に問題が起こることがある、とも指摘されています(「愛着障害」と呼ぶことも)。

愛着障害とは、第二次世界大戦後にイタリアの戦災孤児たちの孤児院を調査した精神科医のジョン・ボウルビー(1907~1990年)が、赤ちゃんが自分の最も親しい人を奪われ、不十分な環境に移された場合、発達の遅れや抵抗力・免疫力の低下、精神的な問題などが起こることを報告したことに始まります。

この報告はやがて、親を失った孤児たちへの、世界保健機構(WHO)の福祉政策にも影響を与えました。

 

肌のつながりは、社会的なつながりをも生む

不安になったらいつでも帰ることができる安全基地を、肌のつながりを通して感じ取りながら、子供は安全基地から少しずつ離れ、基地の外側の世界を冒険しはじめます。そして、自由に行動することの楽しみを覚え、人と人との関係性の中で自立した人生を歩み始めていきます。

成長してからも、何か不安なことがあった時、だれかにギュッと抱きしめられたり、やわらかで温かなものに触れているとほっと安心するのは、胎児期や幼少期に皮膚が覚えてきた、“原初の記憶”がよみがえってくるからかもしれません。

Image: iStock

このように、成長して大人になってからも、人間はどこかで、人と人とのつながりを必要としていく生き物なのです。
このつながりの大切さは、皮膚接触だけではなく、ともに笑顔で談笑したり、声かけや、アイコンタクト、一緒に食事をする、趣味を楽しむなど、すべての五感を通じての“ふれあい”をあらわします。

最近の研究では、“孤独”や“孤立”が、人々の健康や生きる意欲を蝕むことが明らかになってきました。イギリスでは、孤独は国が挙げて取り組むべき問題だとして、2018年に世界で初めて「孤独担当大臣」を任命したほどです。

また神経生理学的な研究でも、「腹側迷走神経複合体」の存在が知られるようになってきました。

これは他者との社会的なつながりを形成する神経系であり、哺乳類が進化の過程で獲得したとされる、比較的、新しい神経系のことです。
(これは、前回お話した自律神経系の副交感神経とよく似た働きをする神経系ですが、近年の研究で「つながり」や「コミュニケーション」と関係することがわかりつつあります。詳しくは次の機会にお話しできればと思います)

この社会的な神経系は妊娠33週目あたりから発達しはじめ、未完成なままで誕生し、生後6か月ぐらいで成熟します。さらに成長のプロセスの中で長い年月をかけて完成するとされています。そして、顔の表情や声帯、聴覚の筋肉と連携しながら発達していくことも、わかりつつあります。

(今、マスクをつけたまま=顔の表情が読み取れない状態での保育が、子供たちの成長に与える影響を心配する声もあがっていますが、こうした神経系の発達からも想像がつく話ではないでしょうか?)


ここまで、人の赤ちゃんは、自分の足で立ち、行動し、生きていけるようになるまで、とてつもなく長い年月がかかることをお話ししてきました。
この「手がかかる」ことが、人の成長にとって重要であるのは、興味深いことです。赤ちゃんは成長の間に、親以外のさまざまな人々とかかわりながら成長していきます。すなわち人間とは、家族だけではなく社会的なつながり(コミュニティ)を得、他者を思いやり、愛情をもって接する性質を身につけることで、発展してきた動物だといえるでしょう。

そう考えると、いわゆるワンオペ育児のように、社会から切り離されたような状態で育児をすることがいかに過酷なことか、想像がつくのではないでしょうか。同様に産後うつの問題も、社会全体でのケアとして取り組む必要があると思えてなりません。


今回は、子宮の中から始まる胎児のお話から、からだ全体、そして、人と人との”つながり”についてお話しました。

次回、第6回では、セルフタッチングにおいてとても大切な、からだの“気づき”と、内側の“ゆらぎ”を感じてみることを、わたしの大好きなエサレン®ボディワークを通じてお話をしたいと思います。

 

セルフタッチング WORK02:全体性をつなぐセルフタッチング

からだ全体がまるごと一つであるように、つなげるように触れる。
 足の裏から頭頂まで。
 そして、胸から肩・腕、手の平まで。

からだ全体をつなげるように、流れるようにふれていきます。お風呂の中で、裸になって、あたたかい湯舟の中で、あるいは石鹸でからだを洗う時などに、ためしてみるのも、おすすめです。

目はつぶったほうが自分自身を感じやすいですが、不安があれば開けていても大丈夫です。呼吸は止めないようにしましょう。

自分自身の手のひらで、ご自身のからだを端から端を隅々まで、つなげるように、なるべく一筆書きでふれてみてください。自分自身のからだのもつ様々なカーブを立体的に感じてみましょう。

やわらかな肌の触感とあたたかさを、あるがままに、ゆっくりと手の平で感触を味わうように触れていると、徐々に密着感が増していくでしょう。その時、皮膚の中にほのかに眠る、遠い“原初の記憶”に少しだけ思いを寄せてみましょう。

そして全身をつなげるように触れたあと、温かい両手の平を、おへその上に置き、その手のぬくもりを、おへそを通じて栄養を届けるようなイメージで触れてみてください。

眼を閉じて深い呼吸とともに、お腹の内側のゆらぎを感じてみましょう。息を吸うと大きく膨らみ、息を吐くと小さくなります。呼吸は、わたしたちの皮膚の外側と内側をつなげます。皮膚の境界線が少しずつやわらぎ、空気の層に包まれているのを感じてみましょう。遠い昔、わたしたちが大いなる存在とひとつであったことを想像しながら……。

(第5回 了)

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

中川 れい子(Reiko Nakagawa

NPO法人タッチケア支援センター 代表理事、<身(み)>の医療研究会理事、こころとからだのセラピールーム amana space 代表。エサレン®ボディワーク認定施術者。

兵庫県生まれ。関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事(主に大学受験の日本史を担当)。1995年の阪神淡路大震災で被災後、現地ボランティアとして被災の現場にあたる中、からだを通してのこころのケアと癒しの必要性を痛感し、1998年よりボディワーク、ボディサイコセラピー、ソマティクス、カウンセリング、カラーセラピー、各種ヒーリング等を学び始める。1999年に、日本で最初に開催されたエサレン®ボディワーク認定コースに参加。その後、認定プラクティショナーとして関西の自宅で開業。ひたすらにセッションを積み重ねる中、非侵襲的な、ソマティクス・ベースの“タッチ”の癒しの可能性を痛感し、2011年に、NPO法人タッチケア支援センターを設立。「やさしくふれると世界はかわる」をテーマに、タッチケアの普及・教育・研究・ボランティア活動を開始し、家族間ケアや、看護・介護等の対人援助に活用できる「こころにやさしいタッチケア」を講座を開講。並行して、エサレン®ボディワークや、ローゼン・メソッド、米国ホスピタル・ベイスド・マッサージの公認講師を日本に招き、講座のオーガナイズもおこなう。

現在は、修了生と共に高齢者施設・がん患者会・緩和ケア病棟・産科病棟等での施術活動や、うつ病の回復期の方の就労支援センターや発達障害の方の地域支援センター等で、セルフタッチングのワークショップを開催。また、各種教育機関や福祉施設での出張講座も請け負う。エサレン®ボディワークを中心とする個人セッションも継続中。

website:NPO法人タッチケア支援センター(http://touchcaresupport.com)
website:こころとからだのセラピールーム amana space(http://www.amanaspace.com/about_amanaspace.html)