連載 扇谷孝太郎 「身体と動きの新法則 筋共鳴ストレッチ」11

| 扇谷孝太郎

身体と動きの新法則

筋共鳴ストレッチ

第11回 顎と腕の筋共鳴®その1

扇谷孝太郎

 

Image: iStock

いよいよ「筋共鳴」に!
でもその前にこれまでのおさらいから

今回から、本格的に「筋共鳴®」の活用をご紹介しますが、連載の間隔が開いてしまっているので、これまでのおさらいをしてから入っていきましょう。

「チャクラムーブメントシステム」によるゴール設定

ここまでをまとめると、まず最初に、柔軟性と安定性を高めるためにはどのようなバランスの身体を目指すべきか? ということを明確にしました。ここが明確になっていないと、柔軟性はあっても十分なスピードやパワーを引き出せなかったり、関節の安定性が低いためにケガをしやすくなってしまったりします。

最終的に目指すべきなのは、動作中に背骨の「自然なS字カーブ」を保てるようにコンディショニングをするということでした。

「自然なS字カーブ」とは、外見上の診断だけではなく、各カーブのチャクラの位置で運動の負荷を受け止めるようにすることで、感覚的にも理解できるようになります。

そのように動くことを「チャクラムーブメントシステム」と呼んでいます。

呼吸モードによるサポート

次に、呼吸のつかい方についてお伝えしました。

筋共鳴ストレッチを行う際、脊骨のS字カーブを保って呼吸することによって、より効果的なストレッチやエクササイズができるようになるからです。

そのためには、腹腔内圧を維持しながら呼吸をすることが大切になります。腹腔内圧の高め方には、大きく分けて、

  1. 自然な吸気・呼気のモード
  2. 努力吸気のモード
  3. 努力呼気のモード

がありました。

3つのモードの中で、柔軟性を高めるためとくに効果的なのは、腹腔内圧を高めつつ深く息を吐くこと、つまり「努力呼気モード」です。

改めて筋共鳴とは?

「筋共鳴」は扇谷の造語です(登録商標です)離れた位置にある筋肉同士が、音叉の共鳴のように同期して緊張したり弛緩したりする現象を指しています。

筋膜のつながりや、主働筋/拮抗筋の相反性の反射とは異なるメカニズムによって生じていると思われるため、「筋共鳴」という言葉で表現することにしました。

わたしが調べたところでは、この現象は全身にわたって存在し、多くの筋肉が相互に共鳴しあっています。たとえば、指を動かす筋肉や手首を動かす筋肉は、それぞれ体幹の筋肉群と共鳴しています。顔の表情をつくる筋肉やアゴを動かす筋肉も体幹の筋肉と共鳴していて、内臓の働きとも密接な関係があります。

筋共鳴を活用するメリット

筋共鳴をストレッチに活用するメリットは、ふつうのストレッチでは伸びにくい筋肉の、「伸びない原因」に働きかけることで、無理なく柔軟性を引き出せることです。

この「伸びない原因」の多くは、関節の動きをコントロールするためのスタビライザーと呼ばれるタイプの筋肉の活動が低下していることにあります。筋共鳴によって、このスタビライザーに狙いをしぼって働きかけることで、関節の柔軟性と安定性を引き出しやすくなります

筋共鳴はさまざまな反射のシステムと同じように、身体の動きをもっとも基層のレベルで支えている身体の仕組みだと言えます。この仕組を明らかにすることによって、ヨガやバレエ、武術などの「型」の意味も理解しやすくなるでしょう。

また、ストレッチ以外への応用としては、リハビリや施術などの場面での活用が考えられます。故障によって動かしづらい関節の筋肉に直接働きかけるのではなく、筋共鳴のペアの筋肉の方から働きけることで、回復させたい箇所をよりスムーズに動かせるようになります


筋共鳴ストレッチの進め方

では、筋共鳴をつかったコンディショニングをはじめましょう。

筋共鳴のパターンは大きく分けると3つあります。

  1. 体幹と四肢の筋肉との間での共鳴
  2. 体幹の中の筋肉同士の共鳴
  3. 上肢と下肢の筋肉の間での共鳴

まず連載の前半は背骨のチャクラを安定させるために、各チャクラごとに、(1)の体幹と四肢の間での筋共鳴と、(2)の体幹の中の筋肉同士での筋共鳴をご紹介していきます。

また、ストレッチのニーズが多いいくつかの主要な筋肉については、(3)の上肢と下肢の間での共鳴についても触れたいと思います。

連載の後半では、バレエダンサーなど、高度なバランスを要求されるケースのコンディショニングに対応できるよう、(3)を中心にご紹介していきます。

 

顎関節の筋共鳴ストレッチ(第7チャクラー第6チャクラ)

チャクラ図

それではまず、頭部の柔軟性を引き出していきましょう。ここは第7チャクラと第6チャクラの領域です。

頭部で大きく動かせるのは顎関節と眼球です。これらを動かす筋肉には全身の緊張が集約されて表れます。それを逆手に取って、顎関節や眼球を動かす筋肉をリラックスさせることで、全身の筋肉の緊張が緩和できます

クラニオセイクラルセラピーなどの頭蓋に働きかける施術が、全身のバランス改善に効果を発揮できるのも、このようなメカニズムが背景にあります。なお、顎関節の動きの全身の柔軟性に対する影響の大きさは、第7回でも取り上げましたので、未読の方はぜひそちらもお読みください。

顎関節の動きに関わる主な筋肉は、以下のようなものがあります。

筋肉 筋共鳴の相手 機能
側頭筋 前部繊維 方形回内筋 顎関節を閉じる、下顎を前後に動かす
後部繊維 円回内筋
咬筋 前部繊維 上腕二頭筋(短頭) 顎関節を閉じる
後部繊維 上腕二頭筋(長頭)
内側翼突筋 母指対立筋 顎関節を閉じる
外側翼突筋 小指対立筋 顎関節を開く

これらの他にも、唇の動きに関わる表情筋は、間接的に顎関節の動きに影響を与えますし、喉の筋肉の緊張も舌や口腔底を介して影響します。

 

側頭筋の筋共鳴ストレッチ ~ 犬歯咬合に大切な側頭筋

「側頭筋」はアゴを閉じるための筋肉です。団扇のように頭の側面を覆っていて、団扇の柄にあたる部分がコメカミから頬骨の内側をくぐって伸び、下顎の筋突起に付着しています。

側頭筋(Image: iStock)

指で耳の上側の側頭部に触れて歯を噛み締めると、側頭筋が収縮して盛り上がるのが感じられるでしょう。側頭部の筋繊維は前後に扇型に広がっているので、前部の筋繊維が収縮すると下顎を前方に、後部の筋繊維が収縮すると後方に動かします。左右で互い違いに動かすことで、下顎を左右に動かすこともできます。この動きは咀嚼において、口の中の食べ物を舌と連携して動かしながら噛み砕いたり、すり潰すのに役立ちます。

また、第7回でご紹介した顎関節の犬歯咬合(噛み合わせ)のポジションには、この側頭筋による下顎のコントロールが大きな役割を果たしています。

下顎骨(Image: iStock)

同じように顎を閉じる筋肉の中では、咬筋がもっともパワフルで、奥歯で硬い食べ物を噛み砕いたりすり潰したりするときにその威力を発揮します。しかし犬歯咬合のポジションにおいては、上下の奥歯側は互いにやや開くことになるので、咬筋はリラックスする必要があります

したがって、犬歯咬合のポジションにおける噛む動作では、側頭筋が主役ということになります。第7回でご紹介したとおり、犬歯咬合のポジションで全身の柔軟性と安定性が高まるので、頭部においては側頭筋のバランスを整えることが非常に重要なのです。

側頭筋との前腕の筋肉の筋共鳴

側頭筋の前部の繊維は前腕の「方形回内筋」、後部の繊維は「円回内筋」と筋共鳴の関係にあります。

Image: iStock

方形回内筋と円回内筋は、前腕を構成する2本の骨(橈骨と尺骨)を交差させて、手首を内旋させるための筋肉です(この動作を「回内」といいます)

方形回内筋は橈骨と尺骨の間をつなぐようにして、前腕の腕時計をはめるあたりの内側についています。

円回内筋はやはり前腕の内側で、上腕骨の内顆から橈骨の中央付近まで斜めについてます。こちらは肘関節もまたいでいるので、手の回内のほかに肘の屈曲を補助する働きもあります。

わたしたちはストレスを感じると、無意識にアゴを食いしばってしまうので側頭筋は固くなりがちです。それは筋共鳴の視点で見ると、そのとき同時に前腕を回内させる力が生じていることになります

これを逆方向から見ることもできます。パソコンのキーボードを打つときの姿勢を思い出してみてください。手首を回内して、肘を屈曲させていますね? この腕の態勢は方形回内筋と円回内筋の収縮によってつくられています。

したがって、パソコンを長時間操作していると、方形回内筋&円回内筋から側頭筋への筋共鳴によって、我々は知らず知らずのうちにアゴを緊張させているとも言えるのです。

寝ているときにも歯を食いしばってしまうという人の多くは、アゴの筋肉だけではなく、同時に前腕の筋肉も緊張しているということです。食いしばりを改善するには、方形回内筋と円回内筋をリラックスさせる必要があります

【円回内筋→側頭筋(後部繊維)の筋共鳴ストレッチ】

  1. (before)立位で、アゴを大きく開閉する、左右に動かす、噛みしめる、といったうごきのスムーズさ、硬さなどを確認しておきます。側屈動作の柔軟性も確認しておきます。
  2. 肘をしっかり伸ばした状態で、人差し指の先端から肘先までのラインを軸にするつもりで、右の手首を回外します(手のひらが上を向く)。回外が強まると、自然に手首が背屈します(手首を反らせるうごき)。
  3. 左手で右の上腕を握りやや内旋させます。次に前腕の中央付近を握り、ゆっくり回外方向に力を加えます。
  4. 大きく息を吸って、軽く会陰を締めてから、腹圧を維持しつつ息を吐いていきます(努力吸気モードから努力呼気モードへ)。
  5. この呼吸を3~5回繰り返すと、肘の内側顆から前腕の内側にかけて、円回内筋の伸びを感じられるでしょう。
  6. (after)アゴを大きく開閉したり、左右に動かしたり、噛みしめたりに動かして、うごきの変化を確認します。側屈のしやすさの変化も確認します。
  7. 左右を入れ替えて、2~6を行います。

【方形回内筋→側頭筋(前部線維)の筋共鳴ストレッチ】

  1. (before)アゴを大きく開閉する、左右に動かす、噛みしめる、といったうごきのスムーズさ、硬さなどを確認しておきます。側屈動作の柔軟性も確認しておきます。
  2. 肘を曲げた状態で、薬指の先端から肘先までのラインを軸にするつもりで、右の手首を回外します。
    ※ 肘の屈伸と、軸の使い方が円回内筋の場合と違うので注意してください。
  3. 左手で右の前上腕を握りやや内旋させます。次に腕の手首付近を握り、ゆっくり回外方向に力を加えます。
  4. 大きく息を吸って、軽く会陰を締めてから、腹圧を維持しつつ息を吐いていきます(努力吸気モードから努力呼気モードへ)。
  5. この呼吸を3~5回繰り返すと、前腕の内側の手首付近で方形回内筋の伸びを感じられるでしょう。
  6. (after)アゴを大きく開閉したり、左右に動かしたり、噛みしめたりに動かして、うごきの変化を確認します。側屈のしやすさの変化も確認します
  7. 左右を入れ替えて、2~6を行います。

 

側頭筋から肩と股関節への共鳴

側頭筋は、円回内筋や方形回内筋だけではなく、肩と股関節の筋肉とも共鳴しています。肩の側面を覆う三角筋、股関節の側面を覆う大腿筋膜張筋中臀筋大殿筋です。

三角筋は肩関節の外転、内旋、外旋の動きに関わっています。

股関節においては、大腿筋膜張筋が大腿骨の屈曲と内旋に、中殿筋は外転に、大殿筋は伸展と外旋に関わっています。

これらの筋肉は、関節の表層を覆っていて、深層部には別のスタビライザーの筋肉が存在しています。その構造から考えると、大きな力を発揮するためのモビライザーと言えますが、その一方で多関節筋(2つ以上の関節をまたぐ筋肉)ではなく単関節筋(1つの関節をまたぐ筋肉)であり、これは関節を安定させるスタビライザーの特徴になります。したがって、これらの筋肉はスタビライザーとモビライザーの両方の性格をもつ中間的な筋肉と言えます

そのため、大きな可動域をつかった運動においても、姿勢づくりにおいても、重要な役割を果たしています。

そうした性格をもつこれらの筋肉と、前腕の方形回内筋円回内筋が、犬歯咬合の主役である側頭筋筋共鳴の関係にあるということ。そして、犬歯咬合のポジションで背骨が柔軟性と安定性が向上する(第7回参照)こと。

我々の祖先が4本脚で大地を疾駆し(←三角筋、大殿筋、中臀筋、大腿筋膜張筋)、獲物を押さえつけて(←円回内筋、方形回内筋)、噛み付いたり牙をむいて(←側頭筋)敵と戦ったりしていたときの筋肉の連動のシステムが、筋共鳴という形で我々の身体にも受け継がれていると言えるのかも知れません。

Image: iStock

次回は、残りの顎関節の筋肉についてご紹介します。

(第11回 了)

※(筋共鳴)は登録商標®️です。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

扇谷孝太郎(Kotaro Ogiya

大学院在学中に演出家竹内敏晴氏の「からだとことばのレッスン」に出会い、身体と身体表現についての探求を始める。2001年、ロルファー™の資格を取得し公務員からボディワーカーに転身。現在は恵比寿にてロルフィング®を中心に、クラニオセイクラルやソマティック・エクスペリエンス®などの個人セッションを行う。 ヨガやバレエスタジオでの定例セミナーでは、身体のメカニズムのほか、呼吸や感覚、イメージの活用を独自の視点でまとめた「動くための解剖学」を教える。その内容はダンサーやヨギなど、柔軟性と身体バランスを必要とする人々から高い支持を得ている。また「からだと息で読む朗読」講座では、朗読という表現手法をとおして「共鳴を生む身体の育て方」を探求中。

●米国The Rolf Institute認定アドバンストロルファー
●米国The Rolf Institute認定ロルフムーブメントプラクティショナー
●クラニオセイクラルプラクティショナー
●ソマティック・エクスペリエンシング®︎認定プラクティショナー
●JMET認定EFTプラクティショナー

公式Web Site (https://www.rolfing-jp.com)