ソマティックワーク入門 第六回 ロルフィング®️ 田畑浩良さん(理論編02)

| 半澤絹子

健康とウェルビーイングの一歩先を求めて−−。
今、こころとからだの健やかさの質を高める、
マインドフルネス瞑想やボディワークなどが人気を呼んでいます。
からだの感覚に注目し、
心身が心地よい状態へとフォーカスすることで、
深い気づきや静けさを得たり、
自己肯定力や自己決定力といった心身の豊かさを育んだりしていく。
これらは、
こころとからだのつながりを目指す

「ソマティックワーク」という新しいフレームワークです。

その手法は、タッチやダンス/ムーブメントなど多岐にわたり、
1人で行うワークから、ペアやグループで行うワークもあり、
自分に向くものはそれぞれ異なります。
この連載では、
これからの時代を生きる私たちにとって、知っておくべき「からだのリベラルアーツ(一般教養)」として、各ワークの賢人たちの半生とともに
「ソマティックワーク」が持つ新しい身体知を紹介し、
それらが個々の人生や健康の質をどう変化させたのかを探っていきます。

Image: iStock

リベラルアーツ(一般教養)として学ぶ

ソマティックワーク入門

−新しい身体知の世界をめぐる−

第六回 ロルフィング 田畑浩良さん
ロルフィング®︎とはなにか? (理論編02)

取材・文半澤絹子
モデル吉田裕子
取材協力日本ソマティック心理学協会

筋膜リリースを始めとする多種多様なアプローチで身体的統合をはかるアメリカ生まれのソマティックワーク「ロルフィング」

前編に引き続き、後編となる今回は、ロルフィングの骨格となるベーシック10セッションなどについてご紹介したいと思います。

10回のセッションを通して身体を整える意味、そしてクライアントの変化などを、ロルファーの田畑浩良さんにお話しいただきました

Image: iStock

身体は少しずつ良くなっていくもの

「5分で肩凝り改善!」「たった1回の施術で不調が治る!」

街を歩くと、こんなキャッチフレーズで溢れかえっている。たしかに、お金も時間も限られる私たち現代人にとって魅力的なコピーだ。

しかし、ロルフィングは、その逆を行く。

「ロルフィングのセッションは、最低10回は受けてください」

鍼だろうとエステだろうと、1回だけ施術を受けるより、10回受けたほうがもちろん効果的ではあるはずだ。とはいえ、なぜ、ロルフィングは「ベーシック10シリーズ」として構成されているのだろう?

田畑さんは言う。

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookTwitter(しもあつ@コ2編集部)でお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」、フォローをお願いします。

–Profile–

田畑浩良 (Hiroyoshi Tahata

認定アドバンストロルファー( Certified Advanced Rolfer)、Rolf Institute教員(ムーブメント部門)(Rolf Movement Faculty member)。株式会社林原生物化学研究所(現:(株)林原)に研究員として勤務期間中にロルフィングのセッションを受け、交通事故による後遺症が軽減し、ロルフィングの道へ。1999年、日本人初のRolf Movementプラクティショナーとなる。ロルフィングに組み込むことができる新しい技法「 Yielding EMbodiment®」を開発する他、「身がまま整体」の片山洋次郎氏と共同で、空間身体学も研究。空間と身体との関係性を活かした繊細で安定的なセッションを提供する。大の猫好き。https://www.rolfinger.com/

*Rolfing®、ロルフィング®、Rolf Movement®、ロルフムーブメント™、Rolfer™、Rolf Institute、The Rolf Institute of Structural Integration、およびLittle Boy Logoは Rolf Institute の商標であり、米国およびその他の国々で登録されています。

半澤絹子(Hanzawa Kinuko
フリーライター、編集者。各種ボディワークやセラピーを取材・体験し、「からだといのちの可能性」、「自然と人間とのつながり」に関心を持つ。「ソマティック・リソース・ラボ(https://www.somaticworld.org/)」運営メンバーの1人として、ソマティックに関する取材や普及活動も行う。