連載 セルフタッチング入門 第7回 セルフタッチをはじめる前に(後編)〜「ゆらぎ」に気づく

| 中川れい子

 前回、第6回では、セルフタッチングに必要な「からだへの気づき(awareness)」をテーマにお伝えしました。後編では、セルフタッチングに必要なもうひとつの要素である「ゆらぎ」について、その感じ方のミニワークとあわせて紹介します。

 さらに、セルフタッチングを生み出すもととなった「エサレン®ボディワーク」での、中川さんの「ゆらぎ」体験もお話しします。

Image: iStock

わたしに触れる、コロナ時代のタッチケア

セルフタッチング入門

 

第7回 セルフタッチをはじめる前に(後編)〜「ゆらぎ」に気づく

中川れい子

 

自然界にも、からだにも「ゆらぎ」がある

前回の第6回では、セルフタッチングに必要なこととして、以下のことをお話してきました。

  • からだ全体を丸ごと(ホリスティックに)とらえ、全身をつなげるように触れていくこと。
  • 「今、ここ」の気づきを大切にすること。
  • 身体感覚=からだへの気づき(awareness)、直接的な体験を大切にすること。
  • からだの内側から私自身を感じる、一人称の感覚を大切にすること。
  • 感覚が変化するのを受け入れること。

ここでさらにもうひとつ、加えたいものがあります。それは「ゆらぎ」を感じることです。

「ゆらぎ」とは、とても説明のしにくい言葉ですが、まずは意味にとらわれすぎず、直感的にこの言葉を味わっていただければと思います。波、動き、感情の変化、あるいは周波数やバイブレーションといった、近しい言葉をイメージしていただいてもよいかもしれません。

自然界には様々な「ゆらぎ」があります。揺れる炎や湖面のさざ波を眺める、波の音や樹々を揺らす風の音を聞くなど、いろいろな場面で、心が落ち着き穏やかな気持ちになる体験をされた方も多いことでしょう。自然界がもたらす不規則なゆらぎは「f分の1のゆらぎ」とも呼ばれ、神経系への癒し効果や、からだのリラクセーションを導いてくれることが、科学的にも証明されています。

こうした自然界の「ゆらぎ」は、不規則でありながらどこか調和が感じられ、まるで自然と私がひとつながりであるかのように感じられることがあります。

私たちの存在そのものが自然の一部であり、生命そのものでもあることを思い出してみましょう。つまり、自然界に「ゆらぎ」があるように、私たちのからだのなかにも「ゆらぎ」があります。呼吸のゆらぎ、心拍のゆらぎ、あるいは脳波のパターンなど…さまざまな生命活動は、それぞれ固有のリズムをもちながら体内で重なり合い、影響し合っているのです。

Image: iStock

 

呼吸の「ゆらぎ」に寄り添う

からだの中で、もっともわかりやすい「ゆらぎ」は、呼吸の動きでしょう。からだのなかで唯一、意識的にかかわることができる 「ゆらぎ」でもあります。ゆっくりとした呼吸、特に吐く息を長くすることで副交感神経の優位をもたらし、リラクセーションへと誘われます。吐く息とともに力みを手放し、大地に自分自身をゆだねていく。これだけで心身の緊張がゆるみ、心が落ち着きます。

寝ている時など、ふだん私たちは呼吸を“無意識に”していることが多いのですが、このように呼吸に“意識的に”なることで、呼吸は、私自身(からだの内側)と、外部環境(からだの外側)をつなぐ架け橋にもなり得ます。どこでも簡単に行うことができる呼吸は、ほんとうに大切なセルフケアの方法なのです。

ではここで、呼吸のミニワークをしてみましょう。

 

セルフタッチング WORK04:呼吸の動きを感じる

  1. 楽な姿勢で座り、地面に支えられていることを感じながら、まずは吐く息とともに力を手放していきます。肩や肘、手首の力もゆるめましょう。
  2. 鼻で息を吸いながら、鼻腔にふれる空気の感触、そして肺に広がる呼吸の動きを感じます。そして、ゆっくりと息を吐いていきながら、その時の胸やお腹の動きも感じてみましょう。
  3. 次に胸の上に手を置き(片手でも両手でも)、胸から伝わってくる呼吸の動きを手のひらでも感じてみましょう。息を吸うと胸においた手が呼吸とともに浮き上がり、息を吐くと呼吸とともに手が沈みます。この動きを押さえつけないように、呼吸の動きに寄り添うような手になるよう、置いた手の圧を調整します。
  4. そのまましばらく、手の平の感触と、胸の呼吸の動きを感じていきましょう。(手の平と呼吸とハートがひとつであるかのように)

いかがでしたか。胸の上に手を置いて呼吸をすると、肺の動きが手にダイレクトに伝わってきます。手とからだとが対話するように、まるで呼吸の「ゆらぎ」の上で手が波乗りをするように、ただその「ゆらぎ」についていくようにします。すぐには「ゆらぎ」を感じられなくても大丈夫。まずはご自身の呼吸の動きがそこに「ある」ことを感じられれば十分です。

セルフタッチングで「自分のからだにただ、手をあてる」というワークは、一見単純な行為に思えますが、とても重要な意味をもちます。

自分のからだに静かに手をあてていると、呼吸の「ゆらぎ」はもちろん、からだの中にある様々な「ゆらぎ」が伝わってきます。(そのためには緊張を手放したやわらかな手で、軽い圧で触れるのが良いのですが、そのやさしい手をどのように育むかは、回をあらためてお話ししますね)。

私は、こうした「ゆらぎ」に寄り添うタッチを「あなたは十分に自由であり、でも一人(孤独)じゃない」ことを伝える手だとお伝えしています。あるがままを尊重され、誰かとつながっている安心感によって、からだの内側の「ゆらぎ」は本来の生命の躍動を取り戻すことでしょう。「ゆらぎ」に寄り添う、やわらかな手。これは、セルフタッチングをする際にいつも立ち戻りたい原点でもあります。

 

「ハートに手をあてる」ことの意味とは

次に胸に手を当てるという行為、つまり「ハート(heart)に手を当てる」ことのさらなる意味を考えてみたいと思います。

英語の「heart」は、心臓という臓器そのものも指しますが、心臓の近くにある胸、自分でコントロールできない感情的な心や気持ちのことといった、幅広い意味でも使われます。

ハートにあたる胸の中央部には、肺、そして心臓があります。心臓は生命が誕生する際に、一番最初に脈動を始める器官です(ヒトでは受精後3週の終わりから4週の初めに、拍動を開始するとされています)。からだの中でもっとも根源的な「ゆらぎ」がある場所といえるでしょう。

胸の中心部に手を置いて、呼吸とハート(心臓)の両方を感じることは、セルフタッチングではとても大切な行為だと考えます。ハートというポジションは、全身に触れる際の基地としての役割を担いますが、それは、ハートが呼吸と心臓という、からだの「ゆらぎ」の要となっているからです。

ただし手をハートの上に置いても、心臓の鼓動まではあまり感じられないかもしれませんが、それでもかまいません。あまり無理に感じようとせず「そこに心臓がある」と思うぐらいで十分です。

私は、大きなサークルを作り、セルフタッチングを大勢で一緒に行うのが好きなのですが、その時は、手と手を胸の前に合わせて合掌することから始まり、全身に触れ、最後にはハートの上に手を置いて終わっていきます。その時に、全身と呼吸とハートとつながっている「手」を、味わうようにしています。

大地に支えられ、温かでやわらかな手の平で全身とつながった感覚をもちながら、自分のハートに手を置いていると、それだけでも満たされた気持ちになりやすいものです。そしてそのままゆっくりと呼吸をしながら、手の平に伝わる呼吸のゆらぎをしばらく感じるようすると、さらにその効果は深まっていきます。

そしてワークの最後には、サークルを共にするその空間全体がとても穏やかで、幸福に満ちたものになっていきます。それは文字通り、ハートとハートがつながっていくかのような感覚です。呼吸と心臓を司るハートは、他者と共感したり、わかちあったりする感覚と、深い関係があるのでしょう。このことについては、また回をあらためてお話しようと思います。

不思議なことに、これまでの経験をふりかえってみると、オンラインでセルフタッチングを行っていても、こうしたつながりを感じることができるので、興味深く感じています。

ではここで、ハートのミニワークをしてみましょう。

セルフタッチング WORK05:ハート呼吸法

  1. 安全な場所であることを確認し、楽な姿勢で座ります。地面に接触している部分を感じ、吐く息とともに緊張を手放しながら、大地に重みをゆだねていきます。
  2. 両手をすりあわせながら、手指の感覚を良く味わいます。指や手首の関節の緊張をほぐし、やわらかな手の準備をします。
  3. 胸の前で手と手をあわせて合掌し、数回深呼吸します。心が落ち着いたら、その手を胸の中心(ハート)に置きます。胸に、手の温かさ、やわらかさを伝えていきましょう。その時、肩や肘・手首はなるべく楽な状態で。目は閉じているほうが内側を感じやすいですが、半眼でも。
  4. 手の下にある呼吸の動きを感じます。息を吸うと胸がふくらみ、息を吐くと沈んでいく(元に戻る)ので、その動きを手で感じ続けます。呼吸の動きを邪魔をせず、呼吸の波に乗るように。徐々に、吐く息を長めにし、吐ききったら自然と呼吸が入ってくるような、ゆったりとした呼吸の波を味わいましょう。
  5. 次に、手の下にある心臓が拍動していることに、意識を向けていきましょう。実際に拍動を感じなくてもよく、ただ、手のぬくもりをハートに伝えていくような感じで。もし何か考えが浮かんできても、のめりこみすぎず、ただ眺めるだけにして、手の平へと意識を戻し「今・ここ」にいるようにします。
  6. ハートの中心を感じながら、温かさ、やわらかさ、そして呼吸の動きや心臓の鼓動を味わい続けます。ひと呼吸ずつハートを光で満たし、そのあたたかな光の中で、手の平と、呼吸とハートがひとつに溶け合うようなイメージを感じてみましょう。その光が全身を包みこみ、さらに全身が呼吸とともにゆらいでいるのを感じながら。
  7. 以上を、ゆっくり呼吸をしながら、3〜5分くらいかけて行います。「呼吸」そして「ゆらぎ」を感じることそのものが、あなた自身が「今・ここ」で生命として生きている証。それを感じられることを祝福してみてください。あなたの大切な人、あるいは、青く丸い地球をハートの中で包みこむイメージや、あなたがとても安らぎと平和を感じる場所をイメージするのもよいでしょう。

 

呼吸とハートの「ゆらぎ」の調和

呼吸の「ゆらぎ」と、心臓の「ゆらぎ」は異なるリズムですが、このように異なる「ゆらぎ」が重なり合い、まるでからだが交響曲を奏でるように調和していくことを、「コヒーレンス(coherence)」と呼びます。コヒーレンスとは、物理学では波形と波形とが重なりあって干渉し合う現象を指しますが、最近では、心身の調和や統合をあらわす言葉としても注目されつつあります。

1991年に米国で設立され、「感情」と「心臓」の関係性の科学的な探究をめざしたハートマス研究所では、「ハート・コヒーレンス呼吸法」を提唱しています。これは、呼吸と心臓(ハート)を意識して、そこに愛や感謝など、ポジティブなイメージをもちながら瞑想する呼吸法です。呼吸により心臓の周波数が安定することで、自身の感情が安定するだけでなく、その人のいる周囲全体、つまり他者にまで、その穏やかで安定した周波数が影響するというのです。

Image: iStock

 

一般的に、息を吸う時に交感神経優位となり、吐く時に副交感神経優位となりますが、吐く息を長めにした穏やかでゆっくりとした呼吸を続けているうちに、ごく自然と心臓の鼓動(心拍)との調和がとれ、やがて神経系や脳(脳波)にも影響し、気持ちが穏やかになっていきます。

このような脳内への影響は、吐く息を長くしたゆっくりとした呼吸と、心地よくポジティブなイメージによって誘われます。セルフタッチングでは手を胸にあて、その手の質感の柔らかさや温かさを通じて、安心感や感謝の気持ちが深まることが多いようです。大切な人を思い浮かべたり、地球全体が癒されていくようなイメージや、これまで体験した心地よい場所や風景を思い浮かべてみると、さらに効果が深まるでしょう。

 

「ゆらぎ」の私的な経験から〜ビック・サーの波とつながる

最後に、私自身の「ゆらぎ」による大きな癒しの体験についてお話ししましょう。それはエサレン研究所を2度目に訪れた、2003年の11月のことでした。

初めてエサレン研究所を訪れてから4年がたっていました。その間に私は、瞑想リトリートに参加する喜びを覚え、あらためて「今・ここ」にあること、内側の平和とつながることの意味の深みを実感していました。そのことは施術力の向上にもつながっていたので、再びエサレン研究所を訪れて、エサレン®ボディワークのアドバンス・クラスに参加することにしたのです。

前回第6回でも紹介したように、エサレン研究所はカリフォルニア州の沿岸、ビッグ・サーの地にあります。敷地内ではいつでも、どこにいても、太平洋の波の音が聴こえてきます。波の音は低く、そして長いリズムでからだにずっしりと響くので、滞在しているといつのまにかごく自然と、呼吸のリズムもゆっくり長くなっていくのです。

エサレン®ボディワークは、エサレン研究所のコミュニティの中で発達した技法で、創始者が誰かは特定できません。でも、多くのティーチャーは口々にこう言います。

エサレン®ボディワークを創ったのは、このビッグ・サーの海なのだ」と。

そしてアドバンス・クラスに参加したある日、クラスメートとペアになって波の音を聴きながら施術をしている時のことでした。私がこの地に訪れたのは4年ぶりなのに、なぜか私はこの4年間ずっと、この波の音を聴き続けてきたような感覚になったのです。海からは離れた、私の暮らす日本の小さなセッションルームの中で、この波の音がずっと鳴り響いていたかのように。

その波はだんだん、私が触れさせていただいてきたクライアントのみなさんのからだ、あるいは、私自身の呼吸や心臓のゆらぎが増幅されたものであることに、気づかされました。ビッグ・サーの波を、4年前に初めて聴いてからずっと、からだに感じていたのです。

その瞬間の感動は、ほんとうに深いものでした。そして私にとってエサレン研究所は、あらゆる生命の「ゆらぎ」につながる聖地になっていったのです。

エサレン研究所のセッションルームの窓から見えるビック・サーの海(写真提供:著者)

 

上質なリラクセーションがもたらすもの

さらに、エサレン研究所での体験は続きます。

ある素晴らしい施術者からエサレン®ボディワークを受けていたときのことでした。私は、心地よさと安心感とともに、徐々に深いリラクセーションに入っていきました。呼吸は広がり、自然で穏やかなリズムを取り戻していきました。セッションの後半にもたらされる安らぎの中に、自分自身の肉体だけではなく、魂そのものの旅を終えたかのような平安が訪れました。

上質なリラクセーションがもたらしてくれるのは、自分のからだの内側で起こる、呼吸や鼓動や様々なゆらぎの調和です。そしてさらに、いつも響いている太平洋の波のリズム、樹々のすれる葉音、光のゆらぎ、肌にあたる空気や風の感触の不規則なリズム……自分の外側にあるそれらすべての自然が、あるがままで、完全に調和しているように感じられてきたのです。

その調和は私の内側の自然とも連動していて、もはや内側も外側もなくなり、ひとつのおおいなる「ゆらぎ」の中でつながりあっている。すべてはひとつであるかのような至福感に満たされていきました。

私の呼吸は<風>
からだの中の水は<海>

外側にあると思っていたものは、自分の内側にある。
私たちのからだの、あたたかさ・やわらかさ・脈動・鼓動・ゆらぎ。
「ゆらぎ」はやがて調和とともに、微細な周波数のようなものへと変容していきました。そのゆらぎは、すべての生命がもつ本質であるかのように感じられてきたのです。

呼吸する私のゆらぎ。太平洋の波のゆらぎ。大いなる空を駆け巡る風のゆらぎ。
木々の梢は、さらさらと光と陰を反射しながら、やはりゆらぎ続けています。
この共振する“ゆらぎ”の中でからだは軽くなり、より微細で透明な魂へと限りなく近づいていくのがわかりました。

エサレン研究所での光景(写真提供:著者)

 

やがて私は、ただもうたまらなくなって号泣していました。わたしの身体がこの美しい地球と共に在り、つながっていることをリアルに実感したとき、からだの内側からあふれだすような嗚咽となって、自然に涙があふれだしたのです。

感情を堰き止める鎧のような筋肉の緊張がほどけることで、感情の解放が促されることがあります。最も大きな関所となる筋肉は横隔膜で、そこが震えるように開かれていきます。流れる涙は、癒やしきれなかった過去の感情をも一緒に洗い流し、水が流れるように感情が動きだすことで身体はさらに緩み、浄化のプロセスが起きていくのです。

エサレンって、泣くためにある場所なのよ。

後に何人かのエサレンの師匠からこう聞かされたとき、この経験があった私は大きく頷きました。ただし、こうした感情の解放や浄化のプロセスは、エサレン研究所に行けば必ず起きるというものではありません。癒しと変容は、まったく予想ができないようなタイミングで訪れ、一人ひとりにとってユニーク(個人的)なものですから。

今から思うと夢のような体験でしたが、この癒やしと変容のプロセスには、ビッグ・サーの波の音という自然の「ゆらぎ」が、何か鍵を握っているように思います。まるで、その時の私自身のからだの内側の「ゆらぎ」が、共振したかのように。


最後はいささか個人的な経験になってしまいましたが……「ゆらぎ」とは、冒頭に書いたように、イメージが難しい言葉かもしれません。でもこれを読んでいるあなたのからだにも様々な「ゆらぎ」は宿っています。それをゆっくり感じることからはじめてみてくださいね。

次の第8回では、いよいよ「セルフタッチング」の実技を2回にわけてお伝えする予定です。場をととのえ、自分自身をととのえ、やわらかな手を育み、そして全身にふれていきましょう。

 

(第7回 了)

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookTwitter(しもあつ@コ2編集部)でお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」、フォローをお願いします。

–Profile–

中川 れい子(Reiko Nakagawa

NPO法人タッチケア支援センター 代表理事、<身(み)>の医療研究会理事、こころとからだのセラピールーム amana space 代表。エサレン®ボディワーク認定施術者。

兵庫県生まれ。関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事(主に大学受験の日本史を担当)。1995年の阪神淡路大震災で被災後、現地ボランティアとして被災の現場にあたる中、からだを通してのこころのケアと癒しの必要性を痛感し、1998年よりボディワーク、ボディサイコセラピー、ソマティクス、カウンセリング、カラーセラピー、各種ヒーリング等を学び始める。1999年に、日本で最初に開催されたエサレン®ボディワーク認定コースに参加。その後、認定プラクティショナーとして関西の自宅で開業。ひたすらにセッションを積み重ねる中、非侵襲的な、ソマティクス・ベースの“タッチ”の癒しの可能性を痛感し、2011年に、NPO法人タッチケア支援センターを設立。「やさしくふれると世界はかわる」をテーマに、タッチケアの普及・教育・研究・ボランティア活動を開始し、家族間ケアや、看護・介護等の対人援助に活用できる「こころにやさしいタッチケア」を講座を開講。並行して、エサレン®ボディワークや、ローゼン・メソッド、米国ホスピタル・ベイスド・マッサージの公認講師を日本に招き、講座のオーガナイズもおこなう。

現在は、修了生と共に高齢者施設・がん患者会・緩和ケア病棟・産科病棟等での施術活動や、うつ病の回復期の方の就労支援センターや発達障害の方の地域支援センター等で、セルフタッチングのワークショップを開催。また、各種教育機関や福祉施設での出張講座も請け負う。エサレン®ボディワークを中心とする個人セッションも継続中。

website:NPO法人タッチケア支援センター(http://touchcaresupport.com)
website:こころとからだのセラピールーム amana space(http://www.amanaspace.com/about_amanaspace.html)