鈴木秀樹の『エクレアと人間風車』 第一回 僕の師匠、ビル・ロビンソン

| 鈴木秀樹

2017年に日貿出版社より『ビル・ロビンソン伝 キャッチ アズ キャッチ キャン入門』を上梓した現役プロレスラーの鈴木秀樹さん。鈴木さんは“人間風車”の異名を持つ、名レスラー・ビルロビンソン氏より、キャッチ アズ キャッチ キャン(以下、CACC)と呼ばれる、プロレスの源流ともいえるレスリングを学び、現在フリーのレスラーとして、様々な団体で活躍しています。

そこでコ2【kotsu】では、『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』の出版記念集中連載として、鈴木さんにビル・ロビンソン氏とCACCについてお話しを伺いました。

第一回目の今回は、伝説的な存在「蛇の穴」ことビリー・ライレー・ジムからお話しが始まります。

※本記事は2017年2月8日にWEBマガジンコ2【kotsu】に掲載されたものを一部改訂して再アップしたものです。

『エクレアと人間風車』

第一回  僕の師匠、ビル・ロビンソン

語り鈴木秀樹
構成コ2【kotsu】編集部

 

デビュー前のビル・ロビンソン

僕にキャッチ アズ キャッチ キャン(以下CACC)を教えてくれたビル・ロビンソンは若かりしころ、ビリー・ライレー・ジムでCACCの練習をしてました。

今となっては伝説的なジムですが、ロビンソンに聞いたことがあるんです。「どんなジムだったんですか?」って。すると笑って「ジムって言っても、ただの小屋だぞ」と。

トタンのペラペラのシートみたいなマットが敷いてあって、2組も練習したら他の人は何もできないくらいの狭さ。大勢いる時は「ジムの前の芝生でやった」って言ってましたよ。だから終わると芝生でこすれて痒かったそうです(笑)。今あるような格闘技のジムに比べたら全然悪い環境ですね。

YouTubeにビリー・ライレーが帽子をかぶってスーツ姿で教えてる動画がありますよ。(https://www.youtube.com/watch?v=wqq_LWudBek)。

ジムに来た生徒達が玄関にいるライレーに授業料を渡したりしてます(動画1分50秒付近)。詳しい値段は分かりませんけど、映像で見る限りは教え方はロビンソンと同じですよね。まず、とにかくしつこい。それとガッといかなきゃいけない時ってあるじゃないですか。よく「エクスプロージョン(爆発)!」と言われましたけど、押さえ込みなら押さえ切る、投げるなら投げ切るというキワのところ。そこで大声を出して指導するのは似てるな、と。

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

鈴木秀樹選手

鈴木 秀樹(Hideki Suzuki
すずき・ひでき/本名同じ。1980年2月28日生まれ、北海道北広島市出身。生まれつき右目が見えないというハンディを抱えていたが、小学生時代は柔道を学ぶ。中学時代にテレビで見ていたプロレス中継で武藤敬司に魅了され、プロレスの虜になる。専門学校卒業後、上京。東京・中野郵便局に勤務。2004年よりUWFスネークピットジャパンに通うようになり、恩師ビル・ロビンソンに出会う。キャッチ・アズ・キャッチ・キャンを学び、2008年11月24日、アントニオ猪木率いるIGF愛知県体育館大会の金原弘光戦でデビュー。2014年よりフリーに転向。ZERO1やWRESTLE-1、大日本プロレスなどを中心に活躍。191センチ、115キロ。
2017年1月に日貿出版社より『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』を発表する。

Web Site:鈴木秀樹オフィシャルサイト

『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』