コ2【kotsu】レポート『愛する人を失ったとき あなたに起こること』出版記念セミナー開催!

| コ2編集部

 グリーフケアに学ぶ、深い悲しみの癒やし方

『愛するものを失ったとき あなたに起こること』
出版記念セミナー

参加者の方の声

「心をほぐしていただきありがとうございました」(70代 女性)
「一歩踏み出せるように頑張ろうと思います」(40代 女性)

 

松家さん講座写真

 

1月10日に発売されたグリーフカウンセラー・松家かおりさんの『愛する人を失ったとき あなたに起こること』出版記念セミナーが、先日1月27日土曜日の行われました。

セミナーは書籍とグリーフケアの簡単な説明から始まり、参加者のそれぞれが体験したグリーフ(悲嘆)経験をお話しになり、それぞれになかなか他人に分かって貰えない心の痛みや、いまどんな風に感じているのかを語り合う場となりました。

「愛する者との死別」という、辛い経験を語り合う場で合ったにも関わらず、終始会場には暖かな空気が流れ、参加者の方からは「来てよかった」という声を聞くことができました。参加者の皆さんからの声は下段でご紹介していますので、是非ご覧ください。

 

松家さん講座写真

 

イベント中印象深かったのは、終始、参加者に寄り添うようにお話をされる松家先生の姿と、それでいてスピリチュアルな癒やしの会とは異なり、冷静に「今皆さんに起きていることはおかしなことではなんですよ」ということを説明されていたことです。

特に、

「一人で頑張りすぎず誰かに頼ることは大事です。でも、お話をする相手を選ぶのは慎重に、また依存関係にならないように注意してください」

と、不安的なときだからこそ気をつけるべきこと(高額な寄付を要求するような宗教やセールスなどの勧誘)を丁寧な言葉で説明されていたことは、日々、グリーフケアカウンセラーとしてクライアントと向き合っている著者だからこそだったでしょう。

○松家かおりさんのインタビューはこちらから(前編後編

また参加者の多くからは「大変なときにも読みやすくてよかった」「内容に思い当たることが多くて、納得できました」という声を聞くことができました。

松家さん講座写真

 

こちらの講座は、また春にスタイルを変えて行う企画もありますので、参加を希望される方はコ2【kotsu】のメールマガジンFBページへの「いいね」や松家先生のブログをチェックして頂ければ随時情報を発信しています。

 

 

参加者の皆さんから頂いたの声

この場に来てよかったという気持ちです。娘のススメで本を読んで素直にさらさらとまず一読。思い当たって同じ受け止めのところをひろい読みして納得したり。次第に自分自身が落ち着けると実感しています。何より優しい言葉で理解しやすい!これからも手に取ることが多いと思います。心をほぐして頂きありがとうございました。

埼玉県 女性 70代

 

今日はありがとうございました。この本に出会って本当に全てが自分に当てはまることばかりで、勇気づけられたり、本にすがったりしています。これから自分がいままでの自分に戻れすのかどうか、母がいなくなったことを受けて止められる日が来るのか不安です。一歩踏み出せるように頑張ろうと思います。

東京都 女性 40代

 

色々なお話しを聞けてとても参考になりました。先生のお話は、色々なご経験からとても人生をいく上で勉強になりました。

東京都 女性 50代

 

お一人お一人の心に寄りそったケアをされているんだなということがよく分かりました。ゆっくりと癒やされるといいですね。

千葉県 女性 50代

 

悲しみを抱えているのは自分だけじゃないということを実感しました。私も人の悲しみを癒やせる人になりたいと思います。お花はとてもいい媒体だと思います。フラワーとキュアです!

埼玉県 女性 50代

 

本の内容はとても分かりやすかったので、本日の座談会でさらに理解することができて参加して本当によかったです。皆さんとの分かち合いも貴重な経験でした。ありがとうございました。

埼玉県 女性 40代

 

 

グリーフケア

2018年1月10日発売

グリーフケアに学ぶ、深い悲しみの癒やし方

『愛する人を失ったとき あなたに起こること』

松家かおり 著

 

誰にも話せない深い悲しみ(グリーフ)を抱えているあなたへ。
親兄弟、パートナー、友人、ペット……、生きている上で必ず訪れる別れ。
頭では分かっていても、その悲しみを受け止めきれず、
立ち止まっているあなたが、
それでも続いていく人生を歩きだすために必要な言葉が、ここにあります。

本書のサブタイトルにある“グリーフケア”とは、近しい肉親との死別をはじめとした“グリーフ(Greif)=悲しみ”を如何に癒やすかという心理学的な研究から始まったもので、近代に入って“グリーフケアカウンセリング”として学び、行われているものです。

著者・松家かおりもまた、両親を相次いで亡くした経験からグリーフカウンセリングを学び、現在カウンセラーとして活躍しています。

本書ではグリーフケアの基礎知識から実際の事例、一人でも出来るワークまでを温かな言葉で説明、なかなか人に分かって貰えず、また話すことも難しい悩みにお答えしています。

特に、愛するものを失い心が疲れているときにも負担なく読めるように、心理学的な理論よりもできるだけ優しい言葉で「いまあなたが何をすべきか」にポイントをおいた実践的な本となっています。

また、直接誰かを失った方だけではなく、大事な人やペットを失った、知人や同僚などを持つ方向けのサジェスチョンもありますので、「どう声をかけていいか分からない」という方にも是非手に取って頂きたいと思います。

【著者について】

松家かおりKaori Matsuya
グリーフカウンセラー 松家かおり、1971年東京生まれ。2007年(平成19年)カウンセリングルーム『青山フラワーキュア』を開設。プリザーブドフラワーを使ったセラピーやカウンセリングを中心に活動。2008年(平成20年)自ら死別経験をしたことで、グリーフカウンセリングに出合い、資格取得後、グリーフカンセラーとして活動中。カウンセリングルームでは個人を対象にしたカウンセリングやセラピーを中心に行っているが、講演会やワークショップ、ボランティアにも力を入れている。ブログ、メルマガにてグリーフに関する情報や役に立つ情報を随時配信中。

HP:青山フラワーキュア

現在、全国書店で発売中。アマゾンでの購入はこちらから。

単行本: 247ページ
定価:1,500円(税別)
出版社: 株式会社 日貿出版社
言語: 日本語
ISBN-13:978-4-8170-8248-0

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

グリーフケア 松家さん写真

松家かおり(Kaori Matsuya)

グリーフカウンセラー。1971年東京生まれ。2007年(平成19年)カウンセリングルーム『青山フラワーキュア』を開設。プリザーブドフラワーを使ったセラピーやカウンセリングを中心に活動。2008年(平成20年)自ら死別経験をしたことで、グリーフカウンセリングに出合い、資格取得後、グリーフカンセラーとして活動中。カウンセリングルームでは個人を対象にしたカウンセリングやセラピーを中心に行っているが、講演会やワークショップ、ボランティアにも力を入れている。ブログ、メルマガにてグリーフに関する情報や役に立つ情報を随時配信中。 HP:青山フラワーキュア http://www.cure246.com

著書:『グリーフケアに学ぶ、深い悲しみの癒やし方 愛する人を失ったとき あなたに起こること』(日貿出版社)