コ2【kotsu】特別インタビュー 松家かおり氏「死別による深い悲しみの癒やしかた」後編

| コ2【kotsu】編集部

この度、書籍『グリーフケアに学ぶ深い悲しみの癒やし方 愛する人を失ったとき あなたに起こること』の刊行がされる。愛する人、大切な人を失ったときに受ける心のダメージについて、あるいはそこから立ち直るための指針を、自らも死別経験を持つカウンセラーの目線で、読みやすくまとめた書籍となっている。

ここでは、著者の松家氏に、本書を執筆したきっかけや、読者へのメッセージを伺った。

 

コ2【kotsu】特別インタビュー

新刊『愛する人を失ったとき あなたに起こること』発売記念
著者・松家かおり氏インタビュー

死別による深い悲しみの癒やしかた(後編)

インタビュアー・文コ2【kotsu】編集部

 

グリーフケア

 

まず、話すこと

コ2編集部(以下、コ2) 前回は、松家さんご自身のグリーフ体験についてお伺いしました。今回は、グリーフカウンセリングの手法について伺っていこうと思います。

まず、グリーフカウンセリングは、どのような流れ、手法で行われるのでしょうか?

松家かおり(以下、松家) グリーフカウンセリングは、まず話すことから始まります。死別について、どんな気持ちでいるのか? 何に困っているのか? 何でも話していただきます。当然、その話の中には「誰にも言えないこと」が含まれることが多いですね。

一通りお話をすることで、感情を表出したり、気持ちの整理ができたり、気づきを得ることができます。やはり、言葉にするというのは、大切ですね。

コ2 愛する人との死別と言うと、老死や病死を想像してしまうのですが、他にはどのような死別のケースを想定しているのでしょう?

松家 死別はいつも突然で、いつどんな形でやってくるか分かりません。地震や洪水などの災害に遭うこともありますし、事件・事故に巻き込まれることもあります。愛する人が自死を選んでしまうこともあります。

どんな死であれ、その方を失った人の心に、深い悲しみを残してしまうものです。たとえ、老衰で亡くなり、周りから「大往生」と言われたとしても、遺された人の中にグリーフが強く残ることもあるのです。

災害に遭った時には、大切な人とともに、家や家財ごと失っていることが多く、被害に遭った災害の映像を見たときなどにおきるPTSDに注意が必要です。

大切な人が電車などの乗り物の事故に巻き込まれて亡くなると、遺された方はその乗り物に乗ることや運営会社に対して抵抗感や怒りを感じることがあります。

また、愛する人が自死をしてしまうと、「なぜ、愛する人は死を選ばなければならなかったのか?」「どうして相談してくれなかったの?」「私が自殺のサインを見落としてしまったのかも」という疑問に向き合うことになります。自死の理由は分からないことが多いので、遺族は一生グリーフに悩まされてしまうかもしれません

他にも、妊婦さんにまつわる死別も多いです。流産、死産、中絶など新しい小さな命との死別は、周りから理解されることが少なく、グリーフも長引いてしまうのです

グリーフは、一生付き合っていくものですから、一回や二回のカウンセリングで解決するものではないと思います。ひとりのクライアントと長い年月付き合うことが必要なのではないかと感じています。

また、グリーフからの回復には、個人差がありますから、カウンセラーとしては、その方に合った方法やペースを探すことが大切にしています

コ2 なるほど。クライアントが置かれた状況や回復のペースに合わせて、前に進む手助けをするのが、カウンセラーの役割ということですね。

松家 死別という経験は、誰にでも起こるものですが、悲しみは人それぞれ違います自分の悲しみも、人の悲しみも尊重し合うことが大切です

また、死別から何を学ぶか? 何を得るか? によって、遺された人の人生は変わるのだと思います。自分自身の心と向き合い、大切にすることで少しずつグリーフから回復していきます。ゆっくりゆっくり歩んでいって欲しいと思います。

 

グリーフケア

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

グリーフケア 松家さん写真

松家かおり(Kaori Matsuya)

グリーフカウンセラー。1971年東京生まれ。2007年(平成19年)カウンセリングルーム『青山フラワーキュア』を開設。プリザーブドフラワーを使ったセラピーやカウンセリングを中心に活動。2008年(平成20年)自ら死別経験をしたことで、グリーフカウンセリングに出合い、資格取得後、グリーフカンセラーとして活動中。カウンセリングルームでは個人を対象にしたカウンセリングやセラピーを中心に行っているが、講演会やワークショップ、ボランティアにも力を入れている。ブログ、メルマガにてグリーフに関する情報や役に立つ情報を随時配信中。 HP:青山フラワーキュア http://www.cure246.com

著書:『グリーフケアに学ぶ、深い悲しみの癒やし方 愛する人を失ったとき あなたに起こること』(日貿出版社)